2018年05月23日

最強ツアー飯&人生フラッシュバック料理(人生最高レストラン・スキマスイッチ)

TBS「人生最高レストラン」のゲストが、今年デビュー15周年を迎えるスキマスイッチで、全国津々浦々を回り、全国制覇したミュージシャンならではの、「最強ツアー飯」がテーマでした。
◎スキマスイッチ
この番組は、ゲストがお気に入り、転機となった、思い出の料理や料理店を幾つか紹介するのですが、料理毎には、各々エピソードがあり、単体的には面白いのです。
全体的には、一貫性や関連が乏しい場合があるのですが、今回は、ツアーするミュージシャンの生態・心情と言うようなモノが、浮き彫りになっていました。

◎広島・お好み焼き村・
        「4階にあっても八戒」
お好み焼き店24店舗が集まった、お好み焼きのフードテーマパークで、観光客にも人気ですが、有名ミュージシャンも、各々にお気に入り店があるようです。
スキマスイッチは、デビュー前から20年近くの付き合いと言う「4階にあっても八戒」とお店でした。
有名ツアーミュージシャンには、必ずと言って良い程にそんな店があるもので、料理が美味しい事は、勿論ですが、主人やスタッフの人柄、相性が大切で、ミュージシャンを育てたり、心の支え、癒しになります。

◎とん汁たちばな(新潟・妙高市)
ツアーのバス移動などで、わざわざ「とん汁」だけ目当てに、スタッフ全員で、立ち寄るお店です。
スキマスイッチは、30人位のツアースタッフ皆が、喜び、旅立巡業してる感じで、士気が高まるのだとか。
又、下積み時代を経て、「ツアーやって(できて)プロになったなあ」と言う幸せの実感があるそうです。
ツアーミュージシャンは、こんなお店や、士気を高めたり、ここぞと言う勝負処をスタッフなどに、暗黙で伝える差し入れや、ジンクス飯があるようです。

「キッチンくわばら」の
            「焼肉チャーハン」
スキマスイッチは、2枚目のシングル「奏(かなで)」で、ブレイクしました。
実は、この曲がヒットしなければ、事務所から契約解除を宣告されていて、瀬戸際に追い込まれ、二人が音楽人生を賭けた時期でした。
その為に、歌詞を20回書き直すなど、苦悩し、異常な緊張感に陥っていました。
スタジオに籠りきりの中で、唯一の楽しみ、癒しの時が、出前の食事タイムでした。
二人が毎日のように注文したのが「キッチンくわばら」の「焼肉チャーハン」でした。
実は、白ごはんの焼肉定食を、無理を言って焼き飯にして貰った隠れ特別メニューで、焼き飯に、オムレツ巻きを注文したり、わがままを言いましたが、何でも無理を聞いてくれ「奏」を支えた店となりました。
その後、ある時、急に店がなくなり、二人は残念に思っていました。

◎料理に再会
収録時時点では、行方は解らず、その後、番組スタッフが、御主人を探し出しました。
「くわばら」は、店周辺にあった4つか、5つの音楽スタジオ専門の出前店でしたが、2つのスタジオが閉鎖されたのを機に閉店し、その後は別職に就いていました。
料理を通じてしか知らなかった御主人とスキマスイッチは、ビデオで、初対面となり、二人の為に、12年ぶりに作った「焼肉チャーハン」が届けられました。
「これだ、これだ」と言う二人の喜びが半端なかったです。
味と共に、思い出料理は、人生をフラッシュバックさせる力があります。
posted by 橙花 薫 at 10:00| TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする