2018年05月24日

演じるキャラと立ち位置(情熱大陸&関ジャム)

5月20日放送「情熱大陸」は、「藤田ニコル」に迫っていましたが、その日の深夜の「関ジャム」が「管楽器」が、テーマでした。
◎管楽器キャラ
サックス(竹上良成)、トランペット(タブゾンビ)、トロンボーン(五十嵐誠)、ホルン(豊田実加)、ユーフォニアム(外囿祥一郎)、チューバ(木村仁哉)とその楽器の一流プレーヤーがゲストでした。
性格(キャラ)が、楽器の選択に影響、楽器を続けて、性格が変貌する的な展開になり、ゲストが勘がよく、管楽器で花形のサックス、トランペット、ミドルなトロンボーン、マイナーなホルン、ユーフォニアムを巧みに演じ分けた、面白い仕上がりになっていました。

◎アニメ影響
映画「名探偵コナン  ゼロの執行人」で、「降谷」のハンコがバカ売れだそうですが、アニメ「響け!ユーフォニアム」で、マイナーなユーフォニアムが、人気になっているそうです。

◎音楽教科書
5月6日放送の「関ジャム」では、音楽教科書が、テーマで、ゲストが藤田ニコルさんでした。
クラシックピアノの清塚信也が、講師の一人で、一生懸命教える清塚さん、天然おバカギャルが出来の悪い生徒、むくれる清塚さんの設定で、番組が盛り上がりました。
藤田ニコルさんが、自分のバラエティでの、自分の立ち位置を理解して、その勘の良さが光っていました。

◎情熱大陸の藤田ニコル
この番組を見ると、天然おバカギャルを演じ、ファンが自分に求めるファッションやキャラを理解した、クレバーで、懸命に努力する姿が、見えてきます。
シングルマザーとして、育ててくれた母親を、早く楽にしたいから、小さい頃からモデルになった動機も、普段のキャラからは、意外な一面も、ありました。
小島瑠璃子さん、岡田結実さん、藤田ニコルさんなど、バラエティ番組で人気の理由が解る気がします。
posted by 橙花 薫 at 10:00| TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする